2018年第7回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知(9/22~24)

和歌山からは、陸上2名、競泳2名、ボウリング3名の7名が参加しました。

前日までの悪天が嘘のように、3日間お天気に恵まれ、熱い3日間を過しました。

開会式では、有森理事長の心強い励ましのお言葉の後、スペシャルオリンピックス日本の公式SONGを作って下さった、GRAYのTERUさんがサプライズで来て下さり、会場が一体となり大盛り上がり。

続いてサンプラザ中野さんが登場しRUNNERを熱唱され会場全体で大合唱。会場のボルテージは最高潮でした。

2日目はそれぞれの競技の予選。

緊張して力を出し切れないアスリート、マイペースなアスリート、ナショナルゲームと意気込みいつも以上の力を出せたアスリート。予選の反省を持ち帰り挑んだ3日目決勝。

結果は、陸上競技:岡 周平君金メダル、山中侑真君7位

    競泳競技:辻 仁真君金メダル、岡畑勇輝君5位

    ボウリング競技:森廣貴幸君3位、嶋本匡伴君5位、古川亜友美さん5位 でした。

それぞれでも、みんなに共通していたのは「一生懸命頑張る!!!」でしょうか。SON和歌山のアスリートの代表として選ばれた7名。みんなとても頑張りました。

ナショナルゲームや競技会で、必ず行われる選手宣誓

 ≪わたくしたちは、精一杯力を出して勝利を目指します。

     たとえ勝てなくとも、がんばる勇気をあたえてください≫

和歌山のアスリートはこの宣誓の意味がよく解ってるがんばりを見せてくれました。

 

トヨタカローラ和歌山様よりSON和歌山のアスリートにナップザックのプレゼントが頂けることになり

20180915日本社会議室にて贈呈式がありました。

22日からのナショナルゲーム愛知に出場アスリート7名が代表し出席せていただきました。

ナップザックの他にも、愛知大会に出場するアスリートの為に応援旗と社員の方々が折ってくださった千羽鶴も頂き

アスリートは、お礼を伝えるとともにナショナルゲームで、力いっぱい頑張ることを約束しました。